株主・投資家の皆さまへ

株主・投資家の皆さまをはじめ、当社に関わる全てのステークホルダーの皆さまには、平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

 

2020年3月期におきましては、東京神奈川圏(神奈川県横浜市・川崎市、東京都内城南地区)において活動エリアの深耕と拡充を推進してまいりました。業績面では、分譲住宅事業の販売調整等により減収減益となりましたが、注文住宅事業は7期連続増収を達成いたしました。当期におきましては、分譲住宅事業および注文住宅事業ともに受注・引渡棟数の増加を見込んでおります。

当社を取り巻く事業環境につきましては、資材価格の上昇や職人の高齢化・人材不足等による建築工事費の上昇リスクがあり、用地取得の競争激化等が見込まれます。このような状況のもと、当社は引き続き、自社設計・自社施工管理による高品質かつリーズナブルな住宅の供給をミッションに、事業を推進してまいります。また、広告宣伝の強化やモデルハウスの活用等により、企業認知度およびブランド力の向上を図ってまいります。

 

当社は今後も、コンプライアンス最優先の企業経営に加え、内部統制およびガバナンスの強化により、企業価値の持続的向上と株主価値創造に努めてまいります。

 

株主・投資家をはじめとするステークホルダーの皆さまにおかれましては、今後も変わらぬご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

2020年6月